ニコレットの正しい使い方

ニコレットはニコチンガムと呼ばれる禁煙補助薬です。よく誤解されているのが、このガムをかむことによって禁煙できるというものですが、ニコレット自体に禁煙を達成するための機能があるわけではないのです。このニコレットはタバコの代わりにニコチンを欲している以前に寄る欲求を鎮めるために代わりにニコチンを提供するというものであり、タバコを吸いたいという衝動を我慢するために用いるのが正解であると言えるでしょう。ニコレットにはニコチンが含まれており、それを体内に取り込むという点ではタバコとなんら変わるものではありません。しかし徐々に量補減らし、タバコを吸うと言う習慣を無くして行く目的で利用するのであれば禁煙のために役立つと言えるでしょう。
そのためただ噛めば良いというものではありませんし、噛むことによって生じた唾液が体内に入ればのどや胃を痛めてしまうことになります。そのためニコレットを使用する際には正しい使い方を理解しておかなければなりません。まずニコレットは軽く噛んだらほおの裏側においておくくらいの対応で十分です。この対応で体にニコチンが吸収されます。又ニコレットを使用していると唾液の分泌が促進すると言う副作用があるのですが、唾液にニコチンガムが触れてしまうと唾液にニコチンが溶け込んでしまいます。その様な状況になった場合、唾液は飲みこまずに吐き出すようにしなければなりません。この点については十分に理解していない人も少なくありませんので、しっかりと理解しておく必要があると言えるでしょう。ニコレットは基本的にタバコと同じで体内にニコチンを吸収させるための存在であると言えるのです。そのことを理解しておくことが大切です。