ニコレットの辞め時とは

健康被害が問題視されていることで有名なのがタバコであり、そのタバコをやめるための行動である禁煙にはそれを支援するための色々なサービスや商品があります。その中のひとつがニコレットであり、ニコチンの代わりの成分を有しているためこれを使用することによってタバコへの欲求をニコレットで代用することができるようになっています。そのため利用し続けることによって徐々にタバコから離れることができるようになるため、禁煙のお供として非常に高い認知度を誇っています。
そんなニコレットですがあくまで禁煙サポートの商品となっているため、ずっと使い続けるものではなくいつかは使用を中断する必要が出てきます。ですが普通に使っている中でどのようなタイミングで中断すればいいのか分からないという人も多いですし、禁煙ができていても不安だからと利用を継続しているという人も少なくないようです。また、利用を続けることで逆に中毒を起こしてしまうという人もおり、タバコの代わりに依存してしまうということでこちらも問題視されています。
では、ニコレットはどのようなタイミングでやめればいいのでしょうか。実はニコレットには「6ヶ月以上の長期使用は控えること」という注意書きが明記されており、一般的には使用を始めて6ヶ月以内に利用を中断することを前提とした商品となっています。なのでやめるタイミングとしてはその期間内であり、逆にその期間内でやめることができないなどのトラブルがあれば禁煙外来で相談したり心療内科などでカウンセリングを受ける事がオススメされています。
一般的にはタバコが要らないと思えるようになれば使用を中断するタイミングだといわれているため、それを目安にしながら検討してみることがお勧めです。