ニコレット実施の意味について

タバコの害が叫ばれる中、禁煙外来で医師の指導の元、禁煙を実施する人もいます。長年タバコを吸っていると、ニコチン依存症になります。ニコチンが体内に入っていない状態が続くとイライラ感や憂鬱など引き起こし、吸うことでまた落ち着きを取り戻せ悪循環を繰り返します。立派な病気なのです。

そんな中、ニコレットは昔からある禁煙のためのグッズです。ガムのような形状のためガムを摂取するだけでよいように見えますが、意味があるのです。
ニコレットには中にニコチンが含まれています。タバコを吸わずにいてニコチン中毒が出てきて吸いたくてたまらなくなったときにタバコの代用品として少量のニコチンを体内に入れるのです。少しずつ体内のニコチンが抜けていって吸いたい衝動が減ってきたら、それにあわせてニコレットの消費量も減らしていきましょう。そのままニコレット依存症になってしまっては困ります。
飴やガムを代用品として使用した結果、今度はお菓子のほうがやめられなくなり口寂しいときにいつも口にしていることで肥満など別の悪影響が出てくる人もいます。

ニコレットもニコチンが含まれている以上、依存症になる可能性はあります。心配であれば体に貼るニコパッチなどもありますし、タバコを美味しく感じられなくなる薬を病院で処方してもらうという手もあります。
ニコレット自体が有害物質なので、重い心臓病を持つ人や妊婦さん・授乳中の人などは使用しないようにしましょう。

個人輸入をすれば日本で有名なものも安いお値段で購入できますが、信頼できるお店での購入をおすすめします。
やはり最終的には病気を治そうという強い意志は必要となってきます。ニコレットだけでなく禁煙外来など自分に合った方法を探すようにしましょう。